>  > MOTORAGE サファリ Y60 フロントレンズ 1994/9以後車 クリスタル

MOTORAGE サファリ Y60 フロントレンズ 1994/9以後車 クリスタル

MOTORAGE サファリ Y60 フロントレンズ RS-R 1994/9以後車 クリスタル DIXCEL

メンタル

テニスの試合で「試合巧者」と呼ばれる選手は、相手の心を折るのが上手い選手です

目次

「あ、この試合はもう終わったな・・・」

と DAD ギャルソン ステップワゴン RG1~4 純正ナビ無し車 ラグジュアリー インテリアパネルコレクション オリジナルカラー モノグラムブラック、周りから観ていて分かる瞬間、ありませんか?

相手の心が折れるような瞬間 BLUSTER2 01限定 CB1100Rカラー STD CB1300SF 01 《BLUSTER2[ブラスター2] 23065》、アナタも試合で経験したことがあるでしょう。

もちろん、アナタ自身の心が折れてしまうような経験も・・・。

テニスの試合で「心が折れる」ような場面、どんなシチュエーションがあるのでしょうか?

 

テニスの試合で「試合巧者」と呼ばれる選手は、相手の心を折るのが上手い選手です

 


 

1.テニスの試合では、心が折れそうな場面の連続

長いラリーでポイントを失う。

チャンスボールをミスする。

ダブルフォルトを繰り返す・・・。

こんな日常茶飯事のことで、私たちは試合の中で心が折れていきます。

ですが、こういった内容のたぐいはまだ可愛いもの。

相手に「心が折られる」ことほど、精神的な大ダメージはありません。

 

2.試合巧者は、

MOTORAGE サファリ Y60 フロントレンズ 1994/9以後車 クリスタル超特価購入!

、ミスに付け込んでくる!

試合が上手い、相手の心理をよく分かっている相手はミスに付け込んでくる。

例えばスマッシュミス 、をした相手にはもう一度ロブを上げてくるし、ボレーが怪しい相手には前におびき出すようなドロップを混ぜてくる。

テニスでは、自分の苦手をさらした時点で相手から攻撃されるのが大前提。

2回、3回と繰り返しミスして心が折れるように、試合巧者の選手はアナタに罠を仕掛けてくるのです。

まずはそこに、気付くこと。

気付いたらしっかりと「具体的な対策」を立てていくことです。

 

3.ポイント間に時間を取り、やるべきことを確認する

ミスが続きそうな場面、相手に流れがいきそうなときにはまず「時間」をかける。

ポイント間の時間をしっかり使うだけで、相手は少し、ミスに付け込み辛くなります。

そしてやるべきこと、試合の中で必要なことを確認する。

相手がミスに乗じて来るのであれば、その対策は事前に取れますよね。

またロブが来ることが想定されれば、最初から下がって待ち構えるのも有り。

ダブルスであれば、しっかり2人の頭をフル回転させましょう。

 

折れない心を養っていきたいところですが、それには時間がかかる。

であれば、折れそうな心をグッと戻せるような技術、コツを覚えた方が現実的です。

試合巧者の作戦に、はまってはいけない。

自分の中で折れそうな心をコントロールしてこそ、接戦をものに出来るでしょう。

「リターンのコース変更は、どのタイミングまで可能?」は、相手の実力次第なので気を付けよう

テニス部の中で、「チームの柱になれる選手と、なれない選手」は、ココが違う

関連記事

  1. メンタル

    リードすること、勝利することを恐れてはいけない

    相手に勝つ、凌駕する。これって、簡単なこと・・・でしょうか。…

  2. メンタル

    「やられた」と思うのが、早過ぎる

    試合を観ていて NGKイグニッションコイル【正規品】 U5061、粘り強い人は何が違うのか。そもそも、「諦めが…

  3. メンタル

    「声出していこう!」ってアドバイス、効果的?

    団体戦や応援の中で、こういうアドバイス、みなさんも聞いた経験無いですか…

  4. メンタル

    試合会場で、急にテニスが上手くなることは出来ない

    これも、当たり前のこと・・・でしょうか?私たちは、つい試合会場…

  5. メンタル

    テニスの練習や試合では、「その場で強く頭に刷り込む」意識の方が大事

    以前に、合同での練習会、講習会をしたときのことです。練習の合間…

  6. メンタル

    「自分はテニスが下手」という言葉は、謙遜でも口にしたり文章に書いてはいけない

    テニスの実力、皆さんは自分で自分をどう感じているのか。もちろん…

特集記事

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-20374