>  > 日立イグニッションコイル u09117-coil 【HITACHI 日立】
東京編

墨田区側、隅田公園入り口にある植桜の碑。墨堤の桜が名所になる過程において、地元有志のみならず一般の人々の功績もあったことがわかる。

ARLEN NESS アレンネス キャリパー CALIPER 6 PISTN LFT 11.8” COLOR:CHROME [1701-0608]  

2011年9月23日撮影。碑正面。

 

2011年9月23日撮影。篆額は榎本武揚による。

 

2011年9月23日撮影。碑裏面。

墨田区による解説は以下のとおり。

墨堤植桜の碑

所在 墨田区向島5丁目1番 隅田公園

この石碑は墨堤の桜の由来を記したもので、榎本武揚の篆額(てんがく)、濱邨大澥(はまむらたいかい)の撰文 NV200 バネット/日産/H21.5~/M20■ハロゲンヘッドライト球交換■H4タイプ■ブルー■2個入り■定格60/55W■小糸製作所カラコン バルブ コレクション■発光色は白色■電球 DIXCEL (ディクセル) フロント ブレーキパッド X 1215314 BMW F10 (SEDAN) FZ35 Active Hybrid 5 12/03~、宮亀年の彫刻です。

墨堤の桜は、初め四代将軍家綱の命で、皆と共にに楽しむためにと植えさせ、享保2年(1717)に八代将軍吉宗が100本の桜を、同11年には桜、桃、柳各150本植えさせ、その世話は代々隅田村の名主阪田氏が担当しました。その後文化年間に佐原鞠塢(きくう)、朝川黙翁、中山ト鄰が150本 、天保2年(1831)に阪田三七郎が200余株の桜を植えました。弘化3年(1846)洪水で堤が決壊し、それを須崎村の宇田川総兵衛が独力で修築、そのことを顕彰して村人が150本、安政元年(1854)に阪田三七郎が200株、明治に至り其角堂氷機、旧水戸藩知事、寺島村の人々が各々桜を植えました。

さらに大倉喜八郎、成島柳北が名勝を守るため白鴎社を設立、村人もこれに応じ、南葛飾郡長伊志田友方は、このことを府知事に告げ植樹を助成しました。志半ばで死去した成島柳北の遺志を継いで、安田善次郎、大倉喜八郎 送料無料 取寄 Dimotiv DMV スタンダードアジャスタブルビレットレバーセット YAMAHA T-MAX 530/XP 530/Bronze Max 530/T-MAX 500/XP 500/GrandMajesty 400 レバーセット ブレーキレバー クラッチレバー、

日立イグニッションコイル u09117-coil 【HITACHI 日立】
ケンスタイル MCR30W/40W/ACR30W/40W エスティマ 前期 ISM BLACK BIRDII ハーネスキット(スイッチ付)!カワサキ純正 コントロールユニット エレクトニツク 21175-0358 JP店.【USA在庫あり】 ジーピーアール GPR ステアリングスタビライザー 08年-11年 ドゥカティ Hypermotard1100 チタン 0414-0336 JP店,AP サイドバイザー モール付き AP-WVR-HO52-M 入数:1セット(2枚) ホンダ インテグラ DA 4ドア 1989年~1993年

日立イグニッションコイル u09117-coil 【HITACHI 日立】

、川崎八右衛門が出資し、村人の協力を得て墨堤の植桜が完成しました。

このような功績を永世に伝えるため、明治20年に建碑されましたが、後に堤が壊れ碑が傾いたので、明治29年に本所区長飯島保篤が大倉 ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) OutDryストレッチオーバーソックス BK-L RR7917BK3【smtb-s】、安田、川崎三氏と共に起工し、榎本武揚、小野義真も出資して移設しました。

 平成2年3月

墨田区

隅田公園 散策解説板8

墨堤植桜之碑と桜勧進

住民が育てた墨堤の桜

“Shokuou-no-Hi” in Bokutei and “Sakura-Kanjin” – Cherry trees grown by local people

江戸時代、花見の名所として地位を確立していった墨堤も、当初の墨堤の桜は水神社(現在の隅田川神社)付近を中心に植えられていました。しかし1800年代から、地元の村の有志らによって桜が植えられ、墨堤の桜が南へと延伸して行きました。

墨堤の桜が長命寺、三囲神社と徐々に延びて、枕橋まで達したのは1880年ごろといわれています。この間は地元有志の植桜だけではなく、有志が発起人となった「桜勧進」と呼ばれる寄付が行われています。

墨堤の桜が地元の人々に愛されていた桜であることが、この植桜之碑に刻まれています。

Bokutei established a reputation as a good place of cherry blossom viewing in Edo era. Those cherry trees had planted only around Suijin shrine ( current Sumidagawa shrine ). From 1800s, volunteers in local village planted many cherry trees along the river to the South.

A row of cherry trees in Bokutei was gradually extended to “Chomei-ji temple”, “Mimeguri shrine”, and it reached “Makura Bridge” in about 1880. During the time, there was also a donation for planting cherry trees called “Sakura-Kanjin” promoted by those volunteers.

It is curved on “Shokuou-no-Hi (monument)” that cherry trees in Bokutei were loved by local people.

場所:http://g.co/maps/6vh64

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-4137