>  > 【割引クーポン配布中】ENDLESS/エンドレス SSY クラウン エステート JZS171W ターボ H11.12~H19.6 リア 商品番号:EP354

【割引クーポン配布中】ENDLESS/エンドレス SSY クラウン エステート JZS171W ターボ H11.12~H19.6 リア 商品番号:EP354

by ·


©IMDb

 

 

まいど、Leecaです。

 

本日は 【ミラココア シートカバー】Clazzio/クラッツィオ L675S/L685S H21/8~H24/3 クラッツィオエアー ED-6500、実際に起こったスポーツ史最大のスキャンダルを描いた伝記映画、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル 』をご紹介します。

 

主役のトーニャを演じるは、映画『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クインで一躍人気者となった、マーゴット・ロビー。

 

本作は果たして、どこまでが実話に基づいているのでしょうか?気になる真相についても掘り下げながら、本作のあらすじ&感想を綴っていきたいと思いますネタバレありです。

 

 

 

 

 

 

『アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル』
■ ざっくり、あらすじ

 

原題:『I, Tonya 』
ジャンル:ブラックコメディ伝記
監督:クレイグ・ガレスピー
製作国:アメリカ
公開:米=2017年12月、日本=2018年5月4日
上映時間:121分

 

 

アメリカ人では史上初となる『トリプルアクセル』を成功させた、トーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。

 

このまま彼女の偉業が後世へと語り継がれていくはずだった。

 

しかし、

【割引クーポン配布中】ENDLESS/エンドレス SSY クラウン エステート JZS171W ターボ H11.12~H19.6 リア 商品番号:EP354,[#tong##]

【ご注文方法について】※下記内容を守らずに発生いたしましたクレームに関しましては一切対応できませんので、必ずご確認下さい。・メーカーホームページの適合表をご確認頂き、お車に適合する『商品番号』をご確認下さい。・商品名の車両情報は、商品設定時以降にモデルチェンジ、仕様変更や誤りにて改定され、異なる場合がありますので、必ず適合表をご確認頂き、『商品番号』が合致する商品をお選び下さい。・写真は参考例のため商品番号により形状が異なります。メーカーホームページは下記バナーをクリック季節や天候、地形などさまざまな要因から、市街地での走行状況はめまぐるしく変化します。そのため、ストリート用パッドは常温域でのあらゆる温度変化、速度で安定した制動力を発揮することが求められます。Y-SPORTは従来の初期制動、フェードリカバリー性といった、ストリートパッドとして重要な性能に優れ、いかなる状況下でも確実な制動力を発揮するパッドとして好評を得てきました。スポーツパッドとして必要となる高いコントロール性を併せ持つ、ストリート性能とスポーツ性能を両立するパッドとしてリニューアルしました。最小の慣らしで鋭い初期μが立ち上がる初期制動の確かさをご体感下さい。【スペック】ローター適正温度域:0~400℃素材:ノンアスベスト走行フィールド:ストリート~ハイウェイベストマッチタイヤ:ラジアルタイヤ【こんな方にオススメ】「純正より高温特性に優れた長持ちパッドが欲しい」という方「効きは欲しいがホイールは汚したくない」という方

、1994年1月6日 (クーポン配布中) HYPERPRO モノショック T460 エマルジョンボディ- TRIUMPH DAYTONA675 06-11 22390029 【送料無料】(北海道・沖縄除く)、リレハンメルオリンピックの代表を決める全米選手権の会場で起こった事件が、彼女の運命を一変させる。

 

その事件とは、トーニャのライバルであったナンシー・ケリガンが何者かに襲撃され、選手権を欠場に追いやられたというものであった。

 

結果的に選手権ではライバル不在のトーニャが優勝したのだが、後に『ナンシー・ケリガン襲撃事件』の首謀者として浮かび上がってきたのは、トーニャの夫ジェフ・ギルーリー (セバスチャン・スタン)であった。

 

やがて、事件に関与する人物の一人にトーニャの名も浮上し・・・

 

 

 

 

 

『アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル』
■ 感想 

 

 

トーニャ・ハーディングがアメリカ人では初となる、『トリプルアクセル』を成功させた1991年。それからスポーツ史上最大のスキャンダル『ナンシー・ケリガン襲撃事件』が起こったのが、1994年。

 

当時まだ幼かった筆者は、この事件についてはほぼ知らず。主役トーニャを演じるマーゴット・ロビーが、本作でどんな演技をみせてくれるのかな〜?なんて、本作を鑑賞したのもちょっとした好奇心からでした。

 

 

でも R32 スカイラインクーペ フロントアッパー / アーム・リンク【エスティーアール】HCR32 フロントアッパーアーム、意外や意外!
耳心地のよい70~80年代の曲と、疾走感溢れる映像がすばらしかったですね〜!躍動感溢れるスケーティングのシーンなんて、ほんとリアルでした。

 

 

劇中で何度か流れた、ローラ・ブラニガンの『グロリア 』が最高でした

 

 

前知識ゼロでも楽しめる良作。
痛快なコメディタッチで、飽きも来ず最後まで楽しめました。

 

しかし、これが実話ってどんだけ〜(IKKOさん、元気かな)という話。

 

 

 

出て来る人、みんな頭オカシイ

 

トーニャを育てた超スパルタの毒母も、トーニャのDV夫ジェフも、トーニャの元ボディーガードのショーン・エッカートも。誰一人例外などなく、見事なまでにまともな人がいないのですよ。ナンシーを襲った男も間抜けだったし(※追記あり)。

 

 

そして残念ながら、トーニャ自身もちょっと・・・口の悪さや、腕っ節の強さは描写されてましたね。

 

 

 

ただ面白いな〜と思ったのが、本作を通して「アメリカの嫌われ役」であるトーニャへの理解が進むという点。加害者のレッテルを貼られて叩かれ続けてきた彼女も、実は者であったということが示唆されてる点です。

 

 

表面的に語られるトーニャの世間一般のイメージと コンチネンタル ComfortContact TM CC6 185/65R15 HotStuff 軽量設計!G.speed P-04 ホイールセット 4本 15インチ 15 X 5.5 +50 4穴 100、トーニャ自身の視点/言い分とのギャップは興味深かったですね。劇中でも夫のジェフとさえも言い分が異なる様子が描かれているあたり、常に「誰からも理解してもらえない人生」を歩んできたのかな〜なんて思ったり。

 

 

少なくとも「加害者/悪者」というレッテルを貼るでなく、観る者に解釈を委ねたオープンな作品だったので楽しめました。トーニャ役のマーゴットが、「今のは私やってないからね 」なんて感じで観客に向かって語りかける辺りとかですね。トーニャも共謀していたと信じてやまない人々からは、批判をうけてましたけど。

 

 

さすがに、トーニャの生い立ちなんぞを知ったら同情したくなりますよ。特筆すべきは、英才教育という言葉を隠れ蓑にし、虐待まがいのスパルタ教育をおこなったトーニャの母親ラヴォナ・ゴールデン。これで子供がグレない方がおかしい、とまで思わせる毒母ぶり(毒母についても追記します)でした。

 

 

白人低所得者(蔑称でいわゆるホワイトトラッシュ)の家に生まれ OZレーシング ホイール本体 OZ-5S PIEGA アルミ鍛造ホイール カラー:ゴールドペイント ZX-10R ABS 11-15、実母にもマペットのように扱われていた幼いトーニャ。叩かれても這い上がる「不屈の精神」は見習いたいところです。

 

 

と同時に、人生における親との関係の重要さを再認識。やっぱり親に対する考え方なんかも、再度点検必要だよなと。本作でトーニャの辛い過去を知り彼女を応援したくなる気持ちと、彼女が未だに母ラヴォナに憎しみのような感情を抱いていることを知り、ちょっとやるせない気持ちにもさせられました。

 

 

 

キャストに関しては、マーゴット・ロビーがすばらしかったです。どちらかというと、美しい容姿を前面に押し出した女優の印象が強かった彼女ですが、本作ではトーニャに成りきってましたね(身長差をはじめ、何から何まで見た目が違うのに)。ハーレイ・クインを演じた女優の面影なし!てことで、実力派女優としての顔を知ることができて良かったです。

 

 

実力派女優といえば、母ラヴォナを演じたアリソン・ジャネイが凄まじかった・・・!迫力ありすぎて・・・あんなお母さん嫌ですわ、絶対。

 

 

 

 

 

『アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル』
■ 真相をチェック 

真相全てに迫ることはできませんが、本作がどこまで実話に基づいた話なのか、ざっくり調べたのでシェアしますね♪

 

 

トーニャへの虐待

トーニャの夫ジェフも母親のラヴォナも、共にトーニャに対する暴力を否定しています。劇中では 、「ラヴォナが投げたナイフがトーニャの腕に刺さる」場面や、「ジェフが自分の頭に銃を向けた後、逃去ろうとしたトーニャを銃撃した」場面が描かれています。

 

これらの出来事の裏付けはとれないようですが、ラヴォナがヘアブラシでトーニャを叩いたのは事実だそうです。本人も認めていますし、こちらのドキュメンタリーにも目撃証言(1:50〜)が収録されています。

 

 

うさぎの毛皮のコート

劇中では、幼少期のトーニャが父親手作りの“うさぎの毛皮コート”を着用している場面がありますが、これはフィクションだそうです。The New York Timesの記事によると、毛皮のコートは手作りではなく購入したとのこと。

 

 

 

審査員への“Suck my dixx”発言

米トーク番組『ジミー・キンメル・ライブ! 』にマーゴットが出演した際、劇中のトーニャが審査員へ暴言を吐くシーン(6:16〜)についての真相に言及しています。

 

事実としては、本物のトーニャは “Suck my dixx”とは発言していません。ただ劇中の台詞が気に入った彼女は、「実際に言えばよかったわ 」とマーゴットには語ったそう。

 

 

しかし、審査員がトーニャの派手なピンクの衣装にいちゃもんをつけたのは事実。リンク上でなかったにしろ、舞台裏で「そんな衣装を今後着るな!」と暗に言ってきた審査員がいたそうです。トーニャはこれに対し、「あなたが仮に衣装代5,000ドル持ってきたら、私だって衣装を手作りしなくていいんだから。それまでは失せてて 」と言い放ったとのことです(The Price of Gold より)。

 

 

靴ひものトラブル

劇中でも印象的な場面として描かれている、トーニャのスケーツ靴の紐のトラブルは実際に起こったことです。

 

 

舞台は1994年のリレハンメルオリンピックで、その時の様子がこちらの映像でご確認いただけます。これはスキャンダル後のことなので、まさに、ナンシー(負傷から回復)とトーニャのどちらが勝利をおさめるのか世間が注目していたときです。

 

 

ナンシー襲撃当時の様子

トーニャのボディーガードだったショーンに雇われ、ナンシーを襲った男の名はシェーン・スタント。劇中で描かれているとおり、彼はナンシーが練習を終えリンクからおりたところを襲撃しました(実際の映像はこちら)。

 

《右からショーン⇒夫ジェフ⇒シェーン》

 

劇中では、ナンシーを襲撃したシェーンがガラス戸を割って逃走する場面がありますが、あれも事実です。ガラスをぶちやぶってしまうなんて何とも間抜けですが、彼は捜査の手掛かりも沢山残していたらしく、にすぐ捕まったそうな。

 

 

メダル授与式でナンシーは不機嫌だった

1994年のリレハンメルオリンピックではトーニャは8位入賞、ライバルのナンシーが銀メダルを獲得。劇中でトーニャが、メダル授与式でのナンシーの態度に腹を立てている場面がありますが、ナンシーの態度が最悪だったのは事実です(ただしメダル授与式前:0:42〜)。

 

 

 

本大会で金メダルを獲得したのは、ウクライナのオクサナ・バイウル。オクサナのメイク直しの為メダル授与式が遅れていると聞いたナンシーは、「勘弁してよ。どうせ泣くんだから意味ないじゃない 」等と発言し反感を買うことに。てか、表彰台で睨みきかせてますね。

 

しかしですね、遅れはオクサナの所為ではなく・・・運営側のトラブルだったそうですよ。あれま〜

 

 

 

■ おわりに 

 

以上、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』についてお届けしました。

 

いかがでしたか?

 

事件の真相は本人のみぞ知るところですが、まさにスポーツ史に残るスキャンダルとして、今世も語り継がれていくことでしょう。

 

ちなみに本物のトーニャは、事件の後は2年ほどボクサーとしても活躍したそうですよ。ガッツありますね。

 

それでは、また。

 

 

 

 

 

 

 

You may also like・・・

北米でも高評価!爆笑コメディ『ジュマンジ2』感想

『ダウンサイズ』映画結末、あなたはどう見る?ネタバレ感想

笑いすぎて涙!最低映画『トロル2/悪魔の森』が最高

【割引クーポン配布中】ENDLESS/エンドレス クラウン JZS171W エステート SSY H11.12~H19.6 商品番号:EP354 ターボ エステート 【割引クーポン配布中】ENDLESS/エンドレス リア

超傑作コメディ映画『ザ・ディザスター・アーティスト』感想

深読み不要!映画『ベイビー・ドライバー』ネタバレ感想

アカデミー作品賞獲得!『シェイプ・オブ・ウォーター』感想

実話がちらつく映画『スリー・ビルボード』ネタバレ感想

暇つぶしにどうぞ。映画『Nerve/ナーヴ』ネタバレ感想

映画『ババドック暗闇の魔物』その正体とは?ネタバレ感想

伝説ラッパー2パックの映画『オール・アイズ・オン・ミー』感想

あなたの心理を暴く映画『ハードキャンディ』ネタバレ感想

衝撃の結末?『ジェーン・ドウの解剖』感想

心理ホラー映画『It Comes at Night』感想

 

シェアする

タグ:

Leeca

アメリカ人と国際結婚し、カリフォルニア在住中のアラサー主婦。 好きな食べ物はうめぼし。幼少期にはウ○トラの食べ過ぎから指先が常にピンク色であったため、母親に塩分摂りすぎ禁止令を出される。漬け物も論外。 自由になった今現在、アメリカの日系スーパーでのうめぼしコーナーのチェックは欠かせない。 美味しいうめぼし情報のお届けの予定はないが、 音楽や映画なども絡めたアメリカでの日常、それから自身の経験を基にきっと役立つ情報、なんかもお届けする予定。

あわせて読みたい

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-65285