>  > RSR ダウンサス フロントのみ N-BOXカスタム JF4 29/9~ 4WD 660 TB G・Lターボ ホンダセンシング

RSR ダウンサス フロントのみ N-BOXカスタム JF4 29/9~ 4WD 660 TB リムカラー:ブラック G・Lターボ ホイール4本セット【YOsum18】 ホンダセンシング

ヤギはウシ目(偶蹄目)ウシ亜目(反芻亜目)ウシ科ヤギ属に属する動物です。
ヒツジとは異なる種類に属します。

昔から家畜として飼われてきましたが、日本で飼われるようになったのは、江戸時代の末ごろからです。

牛よりも小さい生き物で、

ダウンサス N-BOXカスタム ホンダセンシング G・Lターボ 660 TB JF4 4WD 29/9~ フロントのみ RSR TB G・Lターボ

、身体の大きさは種類にもよりますが、だいたい80センチくらいです。
ヒゲや肉髭(にくぜん)とよばれるモノが、顔にはえているのが特徴です。
角が生えるヤギもいれば、生えないヤギもいます。
歯にも特徴があって、短い草を食べるために、前歯は下あごにしか生えていません。
出産をしたヤギは乳をだします。
子ヤギを生んでから40日くらいの間、一日2リットルから3.5リットルくらいの乳をだします。

ヤギ乳はこんなミルクです

ヤギのミルクは EKチェーン 江沼チェーン シリーズ シルバー (108L) カシメ 530SRX2 HD店、脂肪球という成分の大きさが小さいため 【★送料無料】 汎用 その他【キノクニ】オリジナルテフロンメッシュホース (#4)+エンド (AN4メス) Str-90°(Bタイプ) 全長:L=100、消化吸収がよく、乳糖という成分が少ないために下痢になりにくいミルクです。
皮膚病や牛乳のアレルギーの人が飲んでも、アレルギーを起こしにくいという報告もあります。

しかし、ヤギのミルクは周囲の臭いを吸収する性質があり、ヤギの体臭なども吸収してしまうので、搾乳後の処理が適切でない場合は、大変強い匂いのするミルクとなり、敬遠する人もいます。
適切な処理をされたミルクは、匂いもほとんどなく、栄養素がたっぷり含まれているおいしいミルクです。

<工程1>搾乳・さくにゅう

搾乳室(さくにゅうしつ)にヤギを集めます。
この牧場では、1日1回、朝9時から10時半の間に搾乳を行っています。
衛生面(えいせいめん)への配慮(はいりょ)から搾乳機(さくにゅうき)を使っています。

手でしぼる場合は、
手を良く洗って清潔にします。
お湯でしぼったタオルで、やさしくていねいにヤギの乳房をふきます。
ヤギの横から逆向きにすわって、左右の乳頭(にゅうとう)を同時に両手でにぎって、交互にしぼります。
1、親指と人さし指で乳頭(にゅうとう)のつけ根をおさえ、乳がぎゃく流しないようにします。
2、中指、薬指、小指と上から順番に指をとじるようにします。
3、下にひっぱるようにして、乳をしぼり出します。
4、1~3の手順をくりかえします。最初の1~2しぼりは、細菌(さいきん)が入っている可能せいがあるので、すててしまいます。

一列にならんだヤギに搾乳機をセットします。
しぼったミルクは直接パイプを通って、ミルクタンクに運ばれます。

このとき、パイプの途中で紙のフィルターを通って、ミルクは一度濾過されます。

<工程2>殺菌

湯煎という方法でミルクを殺菌します。

タンクの中で、63度で30分間低温殺菌します。
タンクの中では殺菌のムラが出来ないように、機械でかきまわしながら殺菌しています。

ミルクに負担をかけないためには、温度の変化の時間は短い方がいいのです。
ミルクの温度がゆっくり変化しないように、注意します。

<工程3>乳酸菌を入れる

殺菌されたミルクに、乳酸菌というチーズを作るために、必要な素材を入れます。
チーズは発酵という加工が必要なので、乳酸菌をいれるのです。

この牧場では粉末の乳酸菌を使っています。
乳酸菌の量は、10リットルのミルクに0.1gくらいです。
きちんと計って使います。

乳酸菌というのは、生きている菌です。
普段は冷凍していて眠っているので、ぬるめのミルクに入れて復活させます。

乳酸菌をいれて、半日くらい置いて寝かせます。

ミルクも乳酸菌も生きています。
チーズが上手にできるためには外の気温とミルクの温度のバランスが大切なのです。
気温によってミルクの温度を変えるなど 、注意が必要です。

<工程4>レンネットを入れる

半日たったミルクに、凝乳酵素(ぎょうにゅうこうそ)・レンネットという材料を加えます。
レンネットというのは、子牛や子やぎの第4胃という内臓に含まれているキモシンという物質です。

酵素とは、生き物が作り出すタンパク質で ツバキ チェーン Tsubaki Chain kit YAMAHA YFM700R RAPTOR (520 MX type ALPHA ORS)【ヨーロッパ直輸入品】 14 38 YFM700R RAPTOR (700) 06-14、生き物の中の化学反応にかかわる材料です。
チーズは、中で乳酸菌が生きていて、少しずつ変化していく食べ物なので、酵素が必要なのですね。

これを加えることで、ヤギの乳は「カード」という凝乳状態になるのです。
ヤギの乳は VFR800(02年~ RC46 ABS車も取付可) トップブリッジ バーハンドル用 HURRICANE(ハリケーン)、ゆるくかたまって、杏仁豆腐みたいな状態になります。

レンネットを加えて、そのまま一日おいておきます。
一定の温度を保つように、注意しています。

<工程5>型に入れる

翌日、レンネットを加えたミルクは「カード」と、「ホエー」とよばれるうわずみの水分に分かれています。
この凝固(かたまり)の状態がチーズの出来を左右します。

チーズを形成する型に入れていきます。
容器の中の上澄み液「ホエー」を取り除き、ルーシェというタマじゃくしですくいとって入れていきます。
型には穴があいていて、材料から出るよぶんな水分「ホエー」を出すのです。

カードをくずさないように、しかも手早く容器に入れるのが大変です。

<工程6>塩を加える

しばらくおいて水分をだしてから、塩を加えます。
まんべんなくふります。

塩の量はチーズ1個あたり、1%くらいで、あらかじめ計っておいて、ムラのないようにふります。

<工程7>熟成

乾燥室で数日間乾燥させて、熟成という工程をおこないます。
熟成は温度や湿度の管理が大変むずかしく、これで、良いチーズができるかどうかが左右されてしまいます。

湿度が高いとベタベタのチーズになってしまいますし、低いとカチカチのチーズになってしまいます。
毎日反転させて、バランスを調整します。

熟成の途中で 15インチ サマータイヤ セット【適応車種:N ONE(JG系 ターボ車)】WEDS ウェッズスポーツ SA-54R ウォースブラッククリア 5.0Jx15SINCERA SN832i 165/55R15、風味を付けたり、加工をする場合もあります。
1週間ほどで出荷しますが、その後もずっと熟成は続き、味がどんどん変わってきます。

チーズは生きている食品です。
作られる場所によって様々な種類のチーズができるのはその為です。
おいしく作るには、その動物のエサももちろんですが、そのミルクの状態と、周囲の温度・湿度などの環境のバランスが、

RSR ダウンサス フロントのみ N-BOXカスタム JF4 29/9~ 4WD 660 TB G・Lターボ ホンダセンシング

、とても大切なのです。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-40504