【割引クーポン配布中】ENDLESS/エンドレス SSY ランドクルーザー HDJ101K UZJ100W シグナス H10.1~H19.8 リア 商品番号:EP359

【割引クーポン配布中】ENDLESS/エンドレス エブリイ/AT・リア一体型/スズキ(H17/9~)純正形状タイプフロアマット【カジュアルタイプ】全座席分■耐久性・耐摩耗性に優れた安心の日本製/車種専用オリジナルフロアマット SSY タイプ2 ランドクルーザー HDJ101K UZJ100W シグナス H10.1~H19.8 リア 商品番号:EP359

  日本神経感染症学会

症状・徴候(成人)

I 急性脳炎
1.発症年齢
 各年齢でみられるが,50歳~60歳に一つのピークを認める.
2.随伴するヘルペス症状
成人の,主としてHSV-1による単純ヘルペス脳炎(HSE)では,,角・結膜炎,口唇ヘルペス カロッツェリア carrozzeria 2DIN チューナーメインユニット FH-3100パイオニア pioneer,Kaposi水痘様発疹症,ヘルペス性ひょう疽などの症状の先行は少なく,また それらとの関連性は必ずしも明らかでない.2型の単純ヘルペスウイルス(HSV)による髄膜炎では性器ヘルペス(初発ないし回帰感染)を認めることがある.
3.炎症症状
頭痛(高頻度),発熱(高頻度),倦怠感
4.神経所見
・髄膜刺激症候(頭痛,悪心・嘔吐,項部硬直,Kernig徴候)(高頻度)
・急性意識障害(覚醒度の低下,幻覚・妄想,錯乱などの意識の変容)(高頻度):亜急性の人格変化や見当識障害で発症するものもある.
・けいれん(中─高頻度)
・局在徴候(低─中頻度):失語症 聴覚失認や幻聴などの聴覚障害,味覚障害,嗅覚障害,記銘障害,運動麻痺,視野障害,異常行動など
・不随意運動:ミオクローヌス(低頻度)
・その他の症状(稀):自律神経障害,脳神経麻痺,SIADHなど
II 参考
1.脳炎以外の神経系への侵襲
髄膜炎,再発性髄膜炎(Mollaret髄膜炎)脊髄炎 ,その他(Bell麻痺,急性散在性脳脊髄炎 Project μ プロジェクト ミュー ブレーキパッド TYPE HC-CS リア Mercedes-Benz S204(Wagon) 204252 C250,Guillain-Barré症候群)
2.軽症ないしは非典型例
慢性,遷延性,再発性,脳幹脳炎型
軽症ないしは非典型例はPCR診断では15~20%程度みられる.
3.その他
以前は診断に至らなかった軽症例や非典型例がPCR法で診断可能となり,重症度は軽い傾向にある.免疫不全状態では時に炎症症状に乏しく痴呆,記銘障害などの高次脳機能障害が前景に立つこともある.

診断基準(成人)

1.急性(時に亜急性)脳炎を示唆する症状・症候を呈する[症状の項を参照]
2.神経学的検査所見
(1)神経放射線学的所見にて側頭葉・前頭葉(主として,側頭葉内側面・前頭葉眼窩・島回皮質・角回を中心として)などに病巣を検出する.
A.頭部コンピュータ断層撮影(CT)
B.頭部磁気共鳴画像(MRI)
(2)脳波:ほぼ全例で異常を認める.局在性の異常は多くの症例でみられるが,比較的特徴とされる周期性一側てんかん型放電(PLEDS)は約30%の症例で認めるに過ぎない.
(3)髄液:通常,髄液圧の上昇,リンパ球優位の細胞増多,蛋白の上昇を示す.糖濃度は正常であることが多い.また,赤血球やキサントクロミーを認める場合もある.
3.ウイルス学的検査所見(確定診断)
(1)髄液を用いたpolymerase chain reaction(PCR)法でHSV-DNAが検出されること.
ただし陰性であっても診断を否定するものではない.
特に,治療開始後は陰性化する可能性が高いので,治療前の髄液の検査を行うことが望ましい.
(2)単純ヘルペスウイルス(HSV)抗体測定による検討
髄液HSV抗体価の経時的かつ有意な上昇※ または,髄腔内抗体産生を示唆する所見†がみられること.
(3)髄液からのウイルス分離は稀である.
上記の1 2から単純ヘルペス脳炎を疑う症例を「疑い例」,3のウイルス学的に確定診断された症例を「確定例」とする.
注釈
※判定に当たっては,抗体測定方法と測定結果表示法に留意する.CF,NTなどでの2段階希釈法による表示抗体価の2管以上の上昇を有意の上昇とする.ELISA(EIA)での吸光度測定結果の直接表示,ELISA(EIA)での吸光度測定結果の任意的単位による表示では,

,有意差の判定,髄腔内抗体産生の判定には慎重を要する.
†血清/髄液抗体比≦20 または
抗体価指数=髄液抗体/血清抗体÷髄液アルブミン/血清アルブミン≧2
但し血清と髄液の抗体価は同一の方法で検査しなくてはならない.

治療指針(成人)

1.一般療法:気道の確保,栄養維持,二次感染の予防
2.抗ヘルペスウイルス薬の早期投与
(1)単純ヘルペス脳炎「疑い例」の段階で抗ウイルス療法を開始する.
※アシクロビル10mg/kg,1日3回1時間以上かけて点滴静注,14日間
†(重症例ではアシクロビル20mg/kgが使用されることもある.
§)遷延・再発例には1クール追加する.
(2)アシクロビル不応例にはビダラビンの使用が勧められる.
ビダラビン15mg/kg,1日1回点滴静注,10~14日間
単純ヘルペス脳炎が否定された段階で抗ウイルス療法を中止する.
3.痙攣発作,脳浮腫の治療
(1)痙攣発作にはジアゼパム プロジェクトμ RACING-N1 FFR フィット GD1 (1.3S)? 05.12~ リア用,フェノバルビタール,フェニトインの静注・筋注を行う.
(2)痙攣重積には呼吸管理下でミダゾラム ペントバルビタールなどの持続点滴を行う.
(3)脳浮腫に対してはグリセロール 日本精器(株) 日本精器 エアフィルタ20A中圧用 BN-2701H1-20 HD,マンニトールの点滴静注.
4.その他
脳幹脳炎,脊髄炎に対しては,抗ウイルス薬に加えて副腎皮質ステロイドの併用を考慮する.
注釈
※「疑い例」の段階で治療を始めた場合でも ,診断確定のための検査を怠ってはならない.
†アシクロビルの投与に当たっては,ショック,皮膚粘膜眼症候群 【メーカー在庫あり】 三菱マテリアル(株) 三菱 ニューポイントドリル 超硬 BRL1400S16 JP,アナフィラキシー様症状,DIC,汎血球減少症 ヘプコ&ベッカーYZF--R1[RN19](07--08) クラッシュパッド アダプタープレート付,意識障害や痙攣,錯乱などの脳症 急性腎不全などの副作用に注意する必要がある.
§アシクロビルの1日薬用量を超えるため,インフォームドコンセントに留意し,家族/患者の同意を得られた時に増量する.

IV.主として1型単純ヘルペス(HSV-1)による単純ヘルペス脳炎の鑑別診断(成人)

1.脳炎・脳症
A)ウイルス性
 水痘・帯状ヘルペス
 サイトメガロウイルス
 Epstein-Barrウイルス
 ヒトヘルペスウイルス6型
 エンテロウイルス属ウイルス
 日本脳炎ウイルス
 ムンプスウイルス
 狂犬病ウイルス
 リンパ球性脈絡髄膜炎ウイルス
 インフルエンザウイルス
 西ナイル熱ウイルス
 その他のウイルス
B)細菌性
 脳膿瘍
 リステリア
C)神経梅毒
D)原虫性
 トキソプラズマ症
E)遅発性ウイルス感染症
 進行性多巣性白質脳炎(PML)
 亜急性硬化性全脳炎(SSPE)
F)プリオン病
2.髄膜炎
A)化膿性髄膜炎
B)結核性髄膜炎
C)真菌性髄膜炎
D)ウイルス性髄膜炎
E)梅毒性髄膜炎
3.硬膜下膿瘍
4.脱髄性疾患
急性散在性脳脊髄炎(ADEM):
感染後,ワクチン接種後
5.自己免疫疾患
A)全身性エリテマトーデス(CNSループス)
B)神経Behçe病
6.血管性疾患
A)脳血管障害
B)脳動静脈奇形
C)上矢状静脈洞症候群
7.腫瘍性疾患
A)原発性脳腫瘍:グリオーマ,,

【割引クーポン配布中】ENDLESS/エンドレス SSY ランドクルーザー HDJ101K UZJ100W シグナス H10.1~H19.8 リア 商品番号:EP359

,悪性膠芽腫など
B)転移性脳腫瘍
C)白血病の中枢神経浸潤
D)傍腫瘍性辺縁系脳炎
8.代謝性疾患・中毒
A)ミトコンドリア脳筋症:MELAS
B)ビタミン欠乏症:
 Wernicke脳症
 ナイアシン欠乏性脳症
C)Reye症候群
9.熱性疾患
10.てんかん重積症
11.精神病
12.その他
A)非ヘルペス性辺縁系脳炎

  • 診断基準(抜粋)
  • (1)急性脳炎を示唆する症状・症候を呈する
  • (2)神経学的検査所見
  • (3)ウイルス学的検査所見(確定診断)
  • __①抗ウイルス剤開始前の髄液を用いたPCR法によるHSV-DNA検出
  • __②HSV抗体測定による診断(髄液HSV抗体価の経時的かつ有意な上昇※があり、 また、髄腔内抗体産生を示唆する所見†がみられること。)※判定にあたっては、抗体測定方法と測定結果表示法に留意する。CF、NTなど での2段階希釈法による表示抗体価の2管以上の上昇を有意な上昇とする。 ELISAでの吸光度測定結果の直接表示、ELISAでの吸光度測定結果の任意的単 位による表示では有意差の判定、髄腔内抗体産生の判定には慎重を要する。 †血清/髄液抗体比≦20 または 抗体価指数=髄液抗体/血清抗体÷髄液アルブミン/血清アルブミン≧2
  • __③髄液からのウイルス分離は稀である
  • 上記の(1)(2)から単純ヘルペス脳炎を疑う症例を「疑い例」、 3のウイルス学的に確定診断された症例を「確定例」とする。
  • 治療指針(抜粋)
  • (1)一般療法:呼吸・循環管理、輸液・栄養管理、電解質バランスの維持。
  • (2)抗ヘルペスウイルス薬の早期投与
  • __①単純ヘルペス脳炎「疑い例」の段階で抗ウイルス療 法を開始する※ アシクロビル10 mg/kg/回を8時間毎(1日3回)に点滴静注、 14日間使用。†

    【割引クーポン配布中】ENDLESS/エンドレス UZJ100W SSY ランドクルーザー SSY リア 【割引クーポン配布中】ENDLESS/エンドレス 商品番号:EP359 HDJ101K H10.1~H19.8 シグナス

  • __②重症例:アシクロビル15 mg/kg/回§を8時間毎に点滴静注、 21日間使用。
  • __③アシクロビル不応例では、ビタラビンの使用も考慮する
  • __④単純ヘルペス脳炎が否定された段階で抗ウイルス療法 を中止する
  • ※「疑い例」の段階で治療を始めた場合でも、診断確定のための検査を怠っては ならない。 † ア シ ク ロ ビ ル の 投 与 に あ た っ て は 、シ ョ ッ ク 、皮 膚 粘 膜 眼 症 候 群 、ア ナ フ ィ ラ キシー様症状、DIC、汎血球減少症、意識障害やけいれん錯乱などの脳症、急性 腎不全などの副作用に注意する必要がある。 §近年、20 mg/kg/回までの増量が認められ、また投与期間の延長も可能となった ことが添付文書に記載されている。
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-98098