>  > 【割引クーポン配布中】ENDLESS/エンドレス SSY プログレ JCG10/11 H13.4~H19.6 リア 商品番号:EP354
ZRX1100 オイルキャッチタンク TYPE B(縦置きツインホースタイプ) シルバー MORIYAMA(モリヤマエンジニアリング)
【S642-B】AZオフロード [H22/10-H26/7][JM23W] カジュアルG ベージュ Bellezza ベレッツァ シートカバー

【割引クーポン配布中】ENDLESS/エンドレス SSY プログレ JCG10/11 H13.4~H19.6 リア 商品番号:EP354

中国、台湾、香港、などの掲示板、中華圏の時事ニュース、華流台流エンタメの情報、C-POPなどを翻訳してみます。 自分の勉強を兼ねているので間違いがあってもお許しを。基本的にコメントにはあまり返信しないスタンスで行きますがどうかご理解お願いいたします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

--.--.-- --

【割引クーポン配布中】ENDLESS/エンドレス 【 SSY プログレ JCG10/11 ステアリングカバー H13.4~H19.6 リア 商品番号:EP354

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2014.03.28 Fri

【雑記】ドラマ蘭陵王、前半を見終わっての感想

ドラマ【蘭陵王】前半まで見ました。

昨日今日とあまり面白いネタが無いので、今日は【蘭陵王】の感想でも書いてみたいと思います。

感想と言っても思いつくままに適当に書くので読みにくいかも知れません。

視聴はレンタルDVDで。
うちはBS環境が無いので全部レンタル、中国語音声にして見ました。

前半20回ちょっとぐらいまで見ました。

一言で感想を述べると予想していたより全然面白かったですね。
脚本がしっかりしています。

以前、蘭陵王がドラマ化されると聞いた時、ついにあの時代、しかも高長恭が初めて映像されるのかと心躍らせ、本格的中国大河ドラマを期待をしておりました。
しかし情報が伝わってくるに連れ、僕の中で想像していたドラマ蘭陵王はどんどん逆の方向へ・・・
うーん、これならまあ何か機会があれば見る程度でいいかな、と思っていました。

ところが見てみたら超面白いじゃないですか。
中華ドラマ的な変な演出やあの仮面など、つっこむところは少なからずあるのですが、それを気にしないでいられる脚本のパワーがあります。

これは歴史ドラマとして見るものではありません。
歴史ドラマ要素はあるのですが40%ぐらいですね。
歴史を舞台としたラブ&群像劇として見るのです。

蘭陵王高長恭を主人公にした歴史ドラマではなく、中国南北朝時代を舞台に、オリジナルキャラ楊雪舞との恋愛ストーリーを軸とした群像劇として見てみたらとても面白いです。

時代劇となると、とかく史実と違うだのあーだこーだ言う人がいますが、その時代を完璧に知るなんてできないし、全てを再現できるわけないんだから、ドラマはドラマ、あくまで歴史"ドラマ"として楽しめばいい。
そもそもフィクションが無かったら話としては面白くないし、史実にこだわるんだったらドキュメンタリーみたいなのを見ればいい。
と言うのが大河ドラマ好きでもある僕の個人的見解です。

なので蘭陵王はあくまでドラマとして見てます。
それでもしっかり戦争や内部闘争のシーンはちゃんと面白く組み込んであるので歴史好きとしても楽しめますね。
ラブストーリーをメインに歴史上の戦争や内部闘争もストーリーに入れる。
歴史好きだけじゃないく歴史好きじゃなくても楽しめる、うまい作り方です。
台湾で歴史ドラマ史上最高視聴率ってのは納得いきました。

印象に残ったシーンや人物などをちょっと書いてみます。


まず主人公高長恭。

ウィリアム・フォンの蘭陵王高長恭はカッコイイです。

現代劇だと普通なイメージですが、時代劇でカツラかぶって鎧まとってるとイケメン度が二倍増しになる人ですね

某掲示板だと顔がでかいとか言われてますが、まあ時代劇だと映えるし、当時は確か顔が大きいのは大人物の証とかなんとか、ってどこかで見たことある。

三国志の趙雲なんかも顔がでかいとか史書に書かれてなかったっけ。

史実でも知勇兼備、とても戦争に強かった高長恭。

このドラマの中でも不敗の戦神と呼ばれています。

登場時はまだ23歳ぐらい、その若さで戦神と称えられるってすごいです。

よっぽど戦争が強かったんだな。

でもドラマでは個人的武勇が強調されてますね。

相手が多数でも一人でなぎ倒してしまいます。

強すぎです。

そして高長恭最大の見せ場、芒山の戦い。

蘭陵王を見てて一番嬉しかったのはこの芒山の戦いをやってくれたことかな。

わずか騎兵500で10万の北周軍を破った伝説の戦い。

桶狭間の戦いどころでは無いスーパー逆転劇。

ドラマでは雪舞との話も絡めて実にスムーズにこの戦いに入ります。

最近の日本の大河ドラマだと、ある事件や戦いが前後の流れ関係なく突然起こるので唐突感がすごい。

でも蘭陵王では前までの話の流れからスムーズに芒山の戦いに入ります。

スムーズすぎて、見てて、え?もう芒山の戦い?って思ってしまいました。

そんな高長恭最大の見せ場、長恭は戦術を練って北周軍を見事撃破。

蘭陵王名将すぎます、そりゃあ北周も皇太子も蘭陵王を狙いますわな。

そんな蘭陵王、強いだけじゃなく優しく慈悲深く、民思い。

一人の女性だけを想う一途さ。

おまけに史書にもちゃんと書かれている美形。

このドラマ、基本的に少女マンガ的ストーリー展開だと思っているのですが、こんな主人公、まさに少女マンガ的です。




アリエル・リンの楊雪舞は想像通り。

アリエルの可愛さは雪舞に合ってますね。

もっと美人の女優を当ててもいいんじゃないかと思いますが、雪舞のキャラにはアリエルがぴったりだと感じました。

これがもしアリエルの親友の楊丞琳だったらと想像したら・・・あまり想像つきませんでした。

楊丞琳の顔は現代的すぎるしバラエティでのイメージもあるので時代劇には向かないのかも 【メーカー直送品】無限 スポーツサスペンション JF1 N-BOX 1501~ 50000-XMD-K1S0 4527377243824。

でもいつか楊丞琳の時代劇も見てみたい。

さて中身、後々どんどん面白くなっていく展開と比べると、この初回が一番いまいちだったように感じました。
最初のおばあちゃんと楊堅の預言のシーン。

詳しくない人の為の当時の時代状況の説明と、高長恭と雪舞のこれからの運命の軽い紹介なんだろうけど、あれいるかな?いるとしても、もっと別の形にするか、もっとシンプルにしていいと思いました。


そして高長恭と楊雪舞の運命の出会いのシーン。

花弁全開の演出はやはり少女マンガチック。

でも運命の出会いを強調するには欠かせない演出なんでしょうか・・・

しかし蘭陵王を見て綺麗なお姉さんだと思った雪舞、お前大丈夫か?って言いたくなる 。

髪は確かに長いけどウェーブかかってるし、ウィリアム・フォンの身体は女性には見えないごつさ。

ちょっと無理があると思った。

でもこれで雪舞のちょっと天然な性格を表現してるのか。


長恭の弟、高延宗が個人的には一番いいキャラ。

ちょっとチャラくて軽い、でもとても兄思いで兄を補佐する良き弟。



重要なシーンには大体出てきますね クリッパー用 メンバーエンジンアンダーカバーNV100クリッパー/リオ 50846-4A00A 日産純正部品。


韓曉冬、雪舞をシーンで言った、許してくれ、乱世で生きる為には仕方ないんだ~みたいな言葉。

リアルです。

日本だろうが中国だろうが、乱世の庶民は生きる為には他人をのも仕方なかったのでしょう。

しかしこの韓曉冬、雪舞を見守り、高長恭とうまく行くよう頑張って応援する良いキャラになって行きます。

最初はちょっと雪舞に魅かれているような描写がありましたが、すぐにそれもなくなった感じ。

最初雪舞を危険な目に合わせてしまった、でもその後は許してくれて更正させてくれたと言う恩から、そして楊雪舞には男女云々関係なく、人として惚れ込んで支えて行っているような気がします。


鄭児。高長恭に恋心を抱くも壮絶な経験から性格が歪み、長恭と雪舞の仲を裂こうと画策します。

これはまあ嫌なヤツです。

何と言うか・・・典型的な悪役ですね。

清々しいまでの悪人ぶりです。

でも最初は雪舞を思いやるような純粋な可愛い子だったんだよね。

しかし純粋すぎたが故にされやすく、色んな人に利用されてしまう。

その挙句全てを失い、純白だった心はどす黒くなって行く。

パッと見ツンとした美人なので悪女ぶりが映えます。

でまたこれがニキータ・マオ(毛林林)にドはまりしてるんだな。

個人的にはこのドラマの中では毛林林の鄭児役が一番はまり役だと思いました。

しかしこの毛林林は本当にとても美人。

大陸の女優ですが、台湾の現代劇でも見てみたいですね。

時代劇なら則天武后とかやってみて欲しい。


そして蘭陵王のライバル、北周皇帝宇文邕。

これもまたいいキャラです。

雪舞に魅かれ、雪舞を奪おうとしますがちゃんと雪舞の気持ちを尊重します。

包囲した蘭陵王に借りがあるとして解放する、筋の通ってるところもあります。

宇文護との権力闘争は見応えのあるすごいものでした。

策を幾重にも巡らせ、裏の裏をかく、中国らしいやり方です。

個人的な意見ですが、流石孫子の兵法を初め数々の兵法研究をして来た国、現代でも中国人と言うのはとかく謀略に長けているような気がします。

ですが現代では謀略に長けているからと言って一流になれるとは限りません。

昔であれば頭の良い策士として尊敬を集めることができたでしょうが、むしろ現代においては謀略に長けていると言うのはずるいと言うマイナスイメージしか生まないのではないでしょうか。

ところが現代中国はそれに気付かず、遺伝子に組み込まれているのか何なのか相も変わらず政治やビジネスの場で謀略を弄する、そしてそれ故に世界から尊敬も得られず、一流になれない。

ちょっと話がそれました・・・

で、その宇文邕と宇文護の権力闘争、劇的な終わり方で宇文邕が勝ちます。

最後、宇文邕が「宇文神挙!」と叫んで兵を隠していた神挙を呼ぶ場面はカッコ良かった。

同じ武帝だし、魏の曹操に通じる策士としてのカッコ良さがありますね。


他にも色々書きたいのはあるんですが、ちょっと疲れて来たのでこの辺にしておきます。

この後から最終回までの展開をうっかり知ってしまっているのですが、それでも面白く見られそうです。

全部見終わったらまた機会のある時に感想でも書いてみます。









にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

| 雑記 | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

【割引クーポン配布中】ENDLESS/エンドレス JCG10/11 プログレ リア H13.4~H19.6 【割引クーポン配布中】ENDLESS/エンドレス 商品番号:EP354 SSY JCG10/11

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-35929